露出度ランキング

地上波テレビでの映画露出度ランキング【2019/6/1〜2020/6/7】

2020-06-12更新

【情報提供:プレコグ株式会社】

地上波テレビ(東京:6局)で露出された新作映画宣伝の情報を丸ごとレポートするサービス「映露丸」。
直近1週間における作品別のテレビ・パブリシティ状況を報告します。

【番組露出ポイント ランキングTOP7】2020年6月1日(月)〜2020年6月7日(日)

※露出ポイントは、弊社が独自に規定した放送局、放送時間帯の係数や番組の種別を加味して算出しています。
※ポイント、総露出時間、総露出回数は簡易集計による暫定値となります。
※露出ポイントは、特集番組の露出時間を除外して算出しています。
※総露出時間は、特集番組の露出を含んでいます。

今週のパブリシティ状況

・首位は「新解釈・三國志」(12/11公開)。5月初旬に発表された追加キャストの山田孝之や佐藤二郎など、監督の福田組常連俳優に加え、更に福田組には欠かせない賀来賢人と初参加となる若手の岡田健史の2人が新たなキャストとして、各局の情報番組で報じられた。また、同時に2人のメイキング映像も公開されるなど露出時間を重ね、ポイントを獲得した。

・2位「水曜日が消えた」(6/19公開)は、新型コロナウイルスの影響で延期となっていた公開日が、6月19日に決まったことが各局の情報番組で報じられ、また、主演の中村倫也がリモート映像や電話でのインタビューで公開日決定の喜びを伝える様子が紹介された。

・4位の「許された子どもたち」(6/1公)は、緊急事態解除後、初の公開初日舞台挨拶が座席数を半分にして密を避ける工夫をしていた上で行われ、内藤瑛亮監督が観客を前に話す様子が報じられた。

 

 

上記ランキング圏外のピックアップ作品

・毎年5月フランスに行われていたカンヌ国際映画祭は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で通常開催が見送られたが、公式セレクションとして“カンヌ国際映画祭が選出した56作品”が発表され、その中に河瀬直美監督の最新作「朝が来る」(10/23公開)が選出されたことが情報番組で報じられた。

 

 

(C) 2020 KITT All Rights Reserved.
©2020『水曜日が消えた』製作委員会

不明なエラーが発生しました

あわせて読みたい

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる