露出度ランキング

地上波テレビでの映画露出度ランキング【2019/5/4〜2020/5/10】

2020-05-15更新

【情報提供:プレコグ株式会社】

地上波テレビ(東京:6局)で露出された新作映画宣伝の情報を丸ごとレポートするサービス「映露丸」。
直近1週間における作品別のテレビ・パブリシティ状況を報告します。

【番組露出ポイント ランキングTOP7】2020年5月4日(月)〜2020年5月10日(日)

※露出ポイントは、弊社が独自に規定した放送局、放送時間帯の係数や番組の種別を加味して算出しています。
※ポイント、総露出時間、総露出回数は簡易集計による暫定値となります。
※露出ポイントは、特集番組の露出時間を除外して算出しています。
※総露出時間は、特集番組の露出を含んでいます。

今週のパブリシティ状況

・首位は「新解釈・三國志」(12/11年公開)。各局の情報番組で、最映像が解禁され、また、山田孝之、佐藤二朗、城田優ら濃厚な追加キャストが各局の情報番組で報じられた。また、メイキング映像も放送や、今作で初タッグとなった主演の大泉洋と福田雄一のコメントも紹介され、露出ポイントを獲得した。

・2位の「トップガン マーヴェリック」(2020年公開)は、主演のトム・クルーズが新たな作品を、国際宇宙ステーションで映画撮影に取り組む計画があることをNASAのブライデンスタイン長官が発表したことが話題となり、同時に公開が今夏の公開から延期となっている今作品でトム・クルーズ自ら実際の戦闘機を飛行している場面が紹介された。

 

上記ランキング圏外のピックアップ作品

・新型コロナウイルス感染拡大の影響で映画館の自粛要請が解けない中、ミニシアターなど全国50館以上の映画館が参加した映画配信サービス『仮設の映画館』が開設され、主にミニシアターで上映されるドキュメンタリー映画を中心に有料配信されることが、ニュース番組で報じられた。

 

 

(C) 2020 KITT All Rights Reserved.
©️2020映画「新解釈・三國志」製作委員会

不明なエラーが発生しました

あわせて読みたい

閉じる

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録

パスワードを忘れた方はこちら

閉じる